稲とアガベ醸造所
ー男鹿が「酒の聖地」となる未来を創るー

私たち「稲とアガベ」は秋田県男鹿市で2021年の秋に創業したクラフトサケ醸造所です。「クラフトサケ」とは、日本酒の製造技術をベースとしたお酒、または、そこに副原料を入れることで新しい味わいを目指した新ジャンルのお酒です。いま、日本では有望な造り手が次々とこのジャンルで事業を起こし、発展しています。私たち、稲とアガベもその一員です。

 現在の日本では、日本酒を造るための免許の新規発行が原則認められていません。私たちのような新しい醸造所は、日本酒を造ることができないということです。しかし、2020年4月の法律改正により、海外輸出向けという条件付きで、免許が発行されるようになりました。稲とアガベはこの新しい免許を活用し、輸出用の日本酒を造ることで、世界の方々に日本酒の魅力を知っていただくことを目指しています。

 私は福岡県の出身ですが、2014年に秋田県にある酒造会社で働くために移住して以来、この地域の多くの方々に支えられ、人生が豊かになりました。秋田の地で起業したのは、このご恩を返すためです。

 男鹿という半島には大きな産業がなく、人口減少も急速に進んでおり、緩やかに消滅する未来が迫っています。しかし、半島には、ほかの地域には決して生み出せない魅力があります。海運が中心だったころに生まれ、陸路の開拓とともに市街地から取り残されたことで独自に発達した文化はとてもユニークで、暖流と寒流が半島にぶつかることで、魚が豊富に取れるため、食の魅力にもあふれています。

 稲とアガベの経営理念は「男鹿の風土を醸す」

これには、ふたつの意味が込められています。ひとつは、男鹿の風土をそのまま瓶に詰め込んだようなお酒造りです。これを実現するためには、地域の方々との交流を通じて、男鹿という土地を理解することが欠かせません。もうひとつは、お酒造りにとどまらず、多くの人々がワクワクするような事業を創出し続けること。それによって、人々の交流が促され、この地が未来に向けて豊かになっていくことも、「男鹿の風土を醸す」ことだと考えております。

 この理念のもと、私たちが目指していることは大きく三つあります。

① 日本酒特区の新規創出

② 男鹿酒シティ構想

③ 地域の未来を担う人材の創出

 三つの事業構想の実現は、私たちが死んだ後の男鹿の未来の礎となります。私たちが死んだ後の未来に、世界中の人々が男鹿を酒の聖地として認め、訪れる未来をつくる──そうした強い想いを胸に、お酒を造っています。

代表取締役 岡住修兵

We opened a craft sake brewery in the autumn of 2021 in Oga City, Akita Prefecture. "Craft sake" is a new genre of sake based on traditional sake production techniques, sometimes with the addition of secondary ingredients. In Japan, a number of promising brewers are developing their businesses in this genre. We are one of them.

Currently in Japan, new licences to brew sake for the domestic market are generally not issued. This means that new breweries such as ours are not allowed to make sake legally to sell in Japan. However, due to a change in the law in April 2020, a licence can now be issued as long as the sake is for export abroad. Ine and Agave uses this new licence to make sake for export to show the world the appeal of sake.

I am originally from Fukuoka Prefecture, but since I moved to Akita in 2014 to work for Aramasa Brewery, my life has been enriched by the support of many people. It is to repay this debt of gratitude that I started my business in Akita.

The peninsula of Oga has no major industry and a rapidly decreasing population. However, the peninsula has a charm that no other region can match. It has a unique culture, born of its seafaring origins, and being left behind by the urban centres as the land routes were developed, as well as an abundance of fish from the collision of warm and cold currents.

The philosophy of Ine to Agave is "brewing the terroir of Oga.” This has two meanings: the first is to produce sake that captures the spirit of Oga in a bottle. To achieve this, it is essential for us to get to know the local people and to understand Oga as a place. The second meaning refers to the drive to continue to create businesses that are not limited to sake making, and that excite many people. We believe that this will encourage people to build community and enrich the region for the future.



With this philosophy in mind, we have three main aims:
① Creation of a special zone for sake
② Making Oga a sake city
③ Fostering human resources for the future of the region

We want to create a legacy; a future in which people from all over the world will recognize Oga as a Mecca for sake and visit here for generations to come.



我們「稲とアガベ」(稻與龍舌蘭,RICE AND AGAVE)是於2021年秋天在秋田縣男鹿市創業的CRAFT SAKE釀造所。 所謂「CRAFT SAKE」,是指以日本酒的製造技術為基礎而釀造的酒,又或者以加入其他原材料而做出新的口味,邁向成為新種類的酒。現在,於日本有遠見的酒造也紛紛以此種類的酒來開托新市場,並加以發展。「稲とアガベ」也就是其中之一。

現在的日本,以新規發行來申請釀造日本酒的牌照原則上是不可行的。像這樣新成立的釀造所,是不可以釀造日本酒的。可是,根據2020年4月所修訂的法律,如果以只輸出海外作為附加條件,便可以取得有關的造酒牌照。於是「稲とアガベ」便活用此條例,透過釀造出只為輸出用的日本酒,目標向著世界各地展現日本酒的魅力。

酒造創辦人是福岡出身的,自2014年起在秋田縣的新政酒造工作而移居於此地,得到地區上各方面的支援,從而令人生豐盛起來。以秋田縣作為事業始創的地方,也是為了回饋此地。

在男鹿半島並沒有很大的產業,人口也是急速減少,以致逐漸消失的未來正在慢慢逼近。可是,在這個半島上,有著其他地域絕對不能衍生的魅力。半島從最初曾經以海運為中心而誕生,但到隨著開拓陸路而沒落,發展了非常獨特的文化。再者暖流和寒流於半島上衝擊著,使魚獲甚為豐富,充滿著美食的魅力。

「稲とアガベ」的經營理念是「釀造男鹿的風土」。此包含著兩個意思。其一就是釀造出代表男鹿半島風土的清酒。為了實現此目的,要透過與地域各方的交流,將男鹿的風土了解透徹。另一個意思,就是不限於造酒,而是持續創造出令許多人都覺得興奮的事業。因此,為了促進人們之間的交流,令這片土地向著變得更富有的未來,而考慮到「釀造男鹿的風土」這個概念。

以此理念為本,我們的目標共有三個大方向:
① 全新創造出的日本酒特區
② 構想出男鹿的代表酒
③ 培育為地區未來負責擔當的人材

實現這三個事業的構想,就是為我們死後男鹿的未來建立做好基礎。在我們死後的未來,創造出全世界人都以男鹿為清酒聖地來加以認可及到訪。心中是懷著如此強烈的情感來釀造清酒。



製品案内